紅莉栖「ちょっとラボのトイレを借りるわよ」岡部「ダメだ」

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/23(水) 20:49:17.311ID:lwVxjXVI0
紅莉栖「なんでよっ!?」

岡部「紙は持って来ているのか?」

紅莉栖「は? 紙ってなんのこと?」

岡部「尻を拭く紙に決まっているだろう!」

紅莉栖「トイレットペーパーがあるでしょ!?」

岡部「生憎、我がラボは慢性的な財政難に陥っており、助手風情に使わせる紙はない」

2以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/23(水) 20:51:02.051ID:lwVxjXVI0
紅莉栖「何よそれ! ケチ臭い!!」

岡部「黙れ。俺がケチ臭いのであれば、貴様はさしずめ小便臭い女ということになるな」

紅莉栖「く、臭くないし!」

岡部「おやぁ? つまり、大の方だと?」

紅莉栖「そ、そんなわけないでしょっ!?」

岡部「フハッ! 全てお見通しだぞ、脱糞少女よ!」

紅莉栖「脱糞少女言うなっ!!」

3以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/23(水) 20:53:03.270ID:lwVxjXVI0
岡部「ええい、騒ぐな! 漏れてしまうぞ?」

紅莉栖「誰が漏らすか! もういい! わかったわよ! 近くのコンビニでしてくるからっ!!」

岡部「待て」ガシッ

紅莉栖「ひゃんっ!? いきなり触らないで! もう、肩のところがおかしくなったじゃない!」

岡部「ラボの活動中に私用での外出は禁止だ」

紅莉栖「な、何よそれっ!? そんなルールいつ決めたのよ!?」

岡部「フハハッ! つい、今しがただ」

紅莉栖「ふざけんなっ!!」

4以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/23(水) 20:53:03.576ID:Sz6ZkcIv0
ダル「牧瀬氏…牧瀬氏… 僕がいつでも代わりになりますお」ペロペロ

5以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/23(水) 20:55:01.719ID:lwVxjXVI0
まゆり「紅莉栖ちゃん、諦めよ?」

紅莉栖「へ? ま、まゆり、あなた何言ってるの?」

まゆり「たぶん、オカリンは紅莉栖ちゃんがお漏らししてるところが見たいんだよ」

ダル「右に同じく禿同!」

紅莉栖「はあっ!?」

岡部「フハハッ! 助手の排泄の管理も、このマッドサイエンティストの務めだからな」

6以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/23(水) 20:56:01.024ID:XTLmvkKwa
脱糞堕ちしないなら帰る

7以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/23(水) 20:57:02.257ID:lwVxjXVI0
紅莉栖「全然理解できない! 断固抗議する!」

岡部「断固、ではなく、今貴様がしたいのは、うんこ、だろうが」

ダル「オカリン座布団一枚!」

まゆり「鮮やか〜!」パチパチパチパチ

紅莉栖「誰が上手いこと言えと言った!? というか、そもそも上手くもなんともないし!!」

まゆり「美味くない? え〜? 紅莉栖ちゃんはうんちさんをオカリンに食べて欲しいってことかな?」

紅莉栖「ま、まゆり!? 何てことを……!」

ダル「あーまゆ氏。紅莉栖ちゃんはうんちさんをから、ワンモアプリーズ」

紅莉栖「やめんかっ!!」

8以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/23(水) 20:58:49.098ID:P7TmDsKZ0
数年前なら伸びてた

9以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/23(水) 20:59:01.548ID:7H4x+HyAd
ウンコはちょっとな

10以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/23(水) 20:59:01.864ID:lwVxjXVI0
岡部「騒がしいぞ、お前ら。まったく、神聖なラボラトリー内で下品な言葉を口にするな」

紅莉栖「元はと言えばあんたのせいでしょうが!」

岡部「ほう? 口ごたえをするつもりか?」

紅莉栖「な、なによ……?」

岡部「俺としては別に、このまま徹夜でラボの活動を続けてもいいのだぞ?」

紅莉栖「そんなっ!?」

岡部「フハハッ! 貴様がどこまで便意を堪えられるか、見ものだなぁ?」

11以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/23(水) 21:01:02.998ID:lwVxjXVI0
まゆり「わわっ! 大変大変! 紅莉栖ちゃんが絶体絶命のピンチなのです!」

ダル「これは胸熱」

紅莉栖「ね、ねぇ、まゆり。今日はどうしちゃったのよ? あなた、少し変よ?」

まゆり「え〜? まゆしぃはいつも通りなのです。別におかしくなんてないよ〜?」

紅莉栖「この状況でいつも通りっていうのがそもそもおかしい! なんで平然としてるの!?」

まゆり「えへへ〜! 実はまゆしぃ、こんなことには慣れっこなのです!」

紅莉栖「なにそれっ! どういう意味!?」

12以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/23(水) 21:02:32.628ID:WJPA/jXyd
助手はうんちさんがしたいのか

13以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/23(水) 21:03:02.285ID:lwVxjXVI0
まゆり「まゆしぃはオカリンの人体実験の生贄だって、前に紅莉栖ちゃんにも話したよね?」

紅莉栖「え、ええ。その設定は聞いたけど……」

まゆり「だから、その人体実験の一環として、まゆしぃの排泄はオカリンに管理されてしまっているのです!」

紅莉栖「そ、そんな……通報しなくちゃ」ガサゴソ

ダル「AUTOじゃなくて、OUT的な?」

紅莉栖「当たり前でしょ! 完全にOUTよ! Do you anderstand!?」

岡部「スペルを間違っているぞ、帰国子女」

紅莉栖「言ってる場合か!? これは完全に犯罪だって言ってんのよ!!」

14以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/23(水) 21:05:08.856ID:lwVxjXVI0
岡部「おい、人を勝手に犯罪者扱いするな」

紅莉栖「犯罪者は決まってそう言うのよ!」

岡部「うるさい奴め。そもそも、まゆり本人が了承しているのだから問題あるまい」

紅莉栖「へ? ま、まゆり、岡部の言ってること、本当なの?」

まゆり「うん! そうだよー!」

紅莉栖「そんな……」

岡部「ちなみに、まゆりだけでなく、ルカ子も萌郁もフェイリスも、この俺が排泄を管理しているぞ。知らなかったのか?」

紅莉栖「し、知るわけないでしょ!? 何なのよこのラボは!! 変態の集まりなの!?」

15以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/23(水) 21:05:33.057ID:XEijszWq0
まゆりがオカリン達の悪ノリに付き合うのが超絶違和感ある
完全に闇堕ちしてるやんこれ

16以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/23(水) 21:07:04.558ID:lwVxjXVI0
まゆり「あはは〜紅莉栖ちゃんに褒められちゃったね、ダルくん」

ダル「僕はただの変態ではなく、変態紳士だお!」

紅莉栖「誰も褒めてないし、どうでもいい!」

岡部「助手よ、無駄話はそのくらいにしておけ。騒がしいったらありゃしない」

紅莉栖「これが騒がずにいられるかっ!!」

岡部「いいか、よく聞け。状況を整理すると、ラボメンで俺に排泄を管理されていないのは助手と、あとは近い将来産まれるダルの娘だけだ」

紅莉栖「橋田の娘っ!?」

ダル「ちょっ! 僕の娘ってなんぞ!?」

岡部「ダル、俺はお前の子供のオムツを替えてやるだけだ。ならば、何も問題あるまい?」

ダル「あ、なるほど。そういうことなら……って、ねーよ」

17以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/23(水) 21:07:45.216ID:4/urwN15M
まゆり、これ……やられてね……?

18深海の姫 ◆MARiN//HVc 2018/05/23(水) 21:09:13.560ID:vAErs60Ya
マグマ案件

19以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/23(水) 21:09:13.785ID:lwVxjXVI0
岡部「話を続けるぞ。つまり、真のラボメンとなる為にはこれは避けては通れない道なのだ」

紅莉栖「避けるに決まってるでしょ!?」

岡部「では、貴様は一生このまま、真のラボメンにはなれないが、それでもいいのか?」

紅莉栖「当たり前でしょ!? こんなド変態ラボの一員になんか、誰がなるもんですかっ!!」

まゆり「紅莉栖ちゃん……」ショボン

紅莉栖「だ、大丈夫よ。たとえ趣味が合わなくたって、まゆりとは友達だから」

まゆり「でも、まゆしぃは正式に紅莉栖ちゃんにラボメンになって欲しいのです!」

ダル「禿同!」

20以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/23(水) 21:11:02.648ID:lwVxjXVI0
紅莉栖「そ、そんなこと言われても……」

岡部「さあ、助手よ。決断の刻だ」

紅莉栖「うぅ……やっぱり無理!」

岡部「仕方ない奴め……ダル、例の物を」

ダル「ほい! 未来ガジェット0号機!」ドンッ

紅莉栖「未来ガジェットって……オマルじゃない!?」

岡部「フハハッ! その通り! だからこそ、0号機! アルファベットのOと、丸をかけている!」

ダル「オーマル。なんつって」

紅莉栖「だから誰が上手いこと言えと!!」

21以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/23(水) 21:13:02.545ID:lwVxjXVI0
岡部「無駄口はいいから早くしろ」

紅莉栖「えっ? つまり、これに……?」ゴクリ

岡部「当たり前だ。お前が渋るからわざわざ出してやったんだぞ。さっさとやれ」

紅莉栖「よ、余計なお世話よ! ていうか、何なのよ、このオマルは!?」

岡部「どこか問題でも?」

紅莉栖「ス、スケスケじゃないの!? こんなスケルトンなオマルじゃ、丸見えでしょ!?」

ダル「あー牧瀬氏。何が丸見えになるのかkwsk」

紅莉栖「言えるかっ!!」

22以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/23(水) 21:15:03.901ID:lwVxjXVI0
岡部「いいからとっととやれ」

紅莉栖「無・理! 断固拒否する!!」

岡部「だから、お前がするのはうんこだと、いったい何度言わせるのだ!!」

紅莉栖「何度も言わんでいい!!」

ダル「あーなんかうんこの話をしてたら、僕もしたくなってきたお」

岡部「早く行ってこい」

ダル「うい」

紅莉栖「ちょっと!?」

岡部「なんだ、藪から棒に」

23以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/23(水) 21:17:11.334ID:lwVxjXVI0
紅莉栖「なんで橋田はいいのよ!? あいつもラボメンでしょ!?」

岡部「なんだ、お前はダルの排便を見たいのか?」

まゆり「わぁ〜! 紅莉栖ちゃん大胆!」

紅莉栖「んなわけないでしょっ!?」

ガチャッ

ミスターブラウン「おい岡部! 騒がしいぞ! いったい何を騒いでやがるって……これは!?」

岡部「ミ、ミスターブラウン!? こ、これは、いや、その、今はちょっと取り込み中で……!」

ミスターブラウン「てめぇ! ブラウン管工房の真上でいったい何をするつもりだ!? もし溢れでもして、天井から垂れてきたらどうする気だ!!」

岡部「くわばらくわばら!」ダダッ

ミスターブラウン「あっ! こら岡部! 待ちやがれ! 家賃の代わりに身体で払って貰うぞ!?」ダダッ

24以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/23(水) 21:19:02.728ID:lwVxjXVI0
ダル「ふぃ〜出た出た。あれ? オカリンは?」

まゆり「オカリンはいま、ミスターブラウンさんに身体で家賃を払ってるよ〜!」

ダル「ウホッ!」

紅莉栖「た、助かった……今のうちに逃げよう」

まゆり「紅莉栖ちゃん……帰っちゃうの?」

紅莉栖「ごめんね、まゆり。今度は岡部が居ない時にお邪魔するわ」

25以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/23(水) 21:21:02.484ID:lwVxjXVI0
まゆり「……あのね、紅莉栖ちゃん」

紅莉栖「ん? どうかしたの?」

まゆり「オカリンのこと、誤解しないでね?」

紅莉栖「ご、誤解も何も、あいつはただの変態よ? それ以上でも以下でもない」

ダル「まあ、つっても、あれでもこのラボの設立者なわけですしおすし」

紅莉栖「たとえそうだとしても、あんな横暴が許されるわけない。もう少しまともな奴だと思ってたけど……期待して損したわ」

26以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/23(水) 21:21:55.373ID:4/urwN15M
まさかのまともな展開に

27以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/23(水) 21:23:02.062ID:lwVxjXVI0
まゆり「紅莉栖ちゃん……オカリンを悪く言わないで? きっと、何か考えがあるんだよ」

紅莉栖「そうね……まあ、しばらくすればあいつも頭が冷えるでしょうから、その時に考えとやらを聞いてみるわ。どうせロクでもないことだろうけど」

ダル「さすが牧瀬氏。ツンデレ乙」

紅莉栖「ツンもデレもしとらんわ!」

まゆり「紅莉栖ちゃん、また来てね?」

紅莉栖「うん。それじゃあ、またね」

28以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/23(水) 21:25:04.724ID:lwVxjXVI0
道すがら

紅莉栖「なんとか、ラボから出れたわね……さっさとホテルに帰ってトイレを済ませなきゃ」

紅莉栖「まゆりにはああ言ったものの、正直もう二度とあんなラボには行きたくないのだが……」

紅莉栖「あの子は岡部に何か考えがあるって言ってたわね……」

紅莉栖「そう言われても、あいつの考えてることなんて普段からさっぱりわからないし……」

紅莉栖「あーもう! なんで私があんな奴の為に悩まなきゃならないのよ!!」

紅莉栖「1人で考えてても埒があかない。とはいえ、誰かに相談するにしても、岡部曰くラボメンは既にあいつの毒牙にかかっているらしいし……」

紅莉栖「そうだ! 真帆先輩に電話してみよう!」ピッ

29以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/23(水) 21:27:07.062ID:lwVxjXVI0
比屋定『はい、もしもし?』

紅莉栖「あ、先輩! 実はちょっと相談がありまして……お時間よろしいですか?」

比屋定『ええ、構わないけど、紅莉栖が私に相談なんて珍しいわね。たしか、今は日本に帰っているんでしょう?』

紅莉栖「はい、そうなんです。日本でちょっと知り合いと揉めてしまいまして……実は、かくかくしかじかで……」

比屋定『ふむふむ……なるほどね』

紅莉栖「先輩は率直にどう思われました?」

比屋定『率直にと言われると意味がわからない状況だけど、背景を加味すれば、わからなくもないと言ったところかしら』

紅莉栖「はい?」

30以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/23(水) 21:29:02.694ID:lwVxjXVI0
比屋定『彼の行動に対して、わからなくもないと、そう言ったのよ』

紅莉栖「ど、どうしてですか!? だって、オマルですよ!? しかも、スケスケの!!」

比屋定『ええ、重々理解しているわ。それについては、私も経験済みだもの』

紅莉栖「はあっ!? どういうことですか!?」

比屋定『この前日本に行った時に、ちょっとね』

紅莉栖「ま、まさか、真帆先輩まで岡部の毒牙にかかっているなんて……!」

比屋定『はあ? 毒牙? なんのことかわからないけど、人聞きの悪いことは言わないでよ』

31以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/23(水) 21:31:01.329ID:lwVxjXVI0
紅莉栖「ひ、人聞きが悪いも何も、どうしてそんなことを……?」

比屋定『それはもちろん、やむを得ない事情があったからよ』

紅莉栖「やむを得ない、事情……?」

比屋定『その様子だと、紅莉栖は彼から何も聞かされていないようね』

紅莉栖「な、なんのことですか……?」

比屋定『彼が話していない以上、私の口からは言えない。知りたければ、本人から直接聞きなさい』

紅莉栖「そ、そんな……」

32以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/23(水) 21:33:07.360ID:lwVxjXVI0
比屋定『あのね、紅莉栖』

紅莉栖「なんですか?」

比屋定『ちゃんと相手と向き合って話し合うこともせずに、自分の中だけで結論を出そうとするのはあなたの悪い癖よ。この機会に直しておきなさい』

紅莉栖「そ、そんなことを言われても……」

比屋定『私の見立てによると、彼、岡部くんは信頼に足る男よ。少しは信じてあげなさい』

紅莉栖「……先輩に、あいつの何がわかるんですか?」

33以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/23(水) 21:35:02.599ID:lwVxjXVI0
比屋定『さあ? とにかく、ちゃんと相手を理解しようとしない限り、一方通行のまま。あんまりのんびりしていると、誰かに盗られちゃうわよ?』クスッ

紅莉栖「よ、余計なお世話です!」

比屋定『ふふっ。頑張りなさい、紅莉栖』

紅莉栖「か、勝手なことばかり言わないで下さい! 突然連絡して大変申し訳ありませんでした! それでは、失礼しますっ!!」ピッ

紅莉栖「はぁ……向き合う、か」

34以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/23(水) 21:37:01.600ID:lwVxjXVI0
ラボ

紅莉栖「……ただいま」

岡部「ん? なんだ、助手か」

紅莉栖「なんだとは、なによ」

岡部「いや、ミスターブラウンがまたやって来たのかと思ってな」

紅莉栖「家賃の支払いは終わったの?」

岡部「俺はまだバージンだ」

35以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/23(水) 21:39:01.615ID:lwVxjXVI0
紅莉栖「あっそ。ていうか、他の皆はどうしたの? 見当たらないようだけど……」キョロキョロ

岡部「ダルとまゆりはミスターブラウンにとばっちりを受けることを恐れて、退散したようだ」

紅莉栖「賢明な判断ね。……ねえ、岡部」

岡部「まだ何かあるのか?」

紅莉栖「さっきのことだけど……」

岡部「ん? なんのことだ?」

紅莉栖「とぼけないで。オマルのことよ」

36以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/23(水) 21:41:04.038ID:lwVxjXVI0
岡部「それがどうかしたのか?」

紅莉栖「何か、理由があるの?」

岡部「それを聞いてどうする?」

紅莉栖「話してくれないと、わからない」

岡部「ふっ……天才少女の癖にか?」

紅莉栖「茶化さないで。何があった?」

岡部「ふむ……やはり、忘れているのだな」

37以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/23(水) 21:43:01.515ID:lwVxjXVI0
紅莉栖「忘れてるって、なんのこと?」

岡部「負荷領域のデジャヴでの出来事だ」

紅莉栖「は?」

岡部「本当に覚えていないのか?」

紅莉栖「だから、何のこと? 前に話してくれた、別の世界線の話?」

岡部「であるならば、仕方ない。少しばかり説明するが、この出来事は俺の主観で起こったことではないので、概要だけを話そう」

紅莉栖「あんたの主観じゃないって、他に誰が世界線を跨げるのよ?」

岡部「お前だ」

紅莉栖「はい?」

岡部「これは紅莉栖、お前の主観で起こった出来事の話だ」

38以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/23(水) 21:45:02.504ID:lwVxjXVI0
紅莉栖「私の、主観……?」

岡部「そうだ。世界線の変動によって記憶を失う前に、お前本人から聞いた話だ。要は、又聞きのようなものだな」

紅莉栖「私の覚えていない出来事を私からの又聞きと言われても……なんだか、変な感じ」

岡部「とにかく、聞いてくれ」

紅莉栖「わかった。聞かせて」

39以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/23(水) 21:47:02.434ID:lwVxjXVI0
岡部「ざっと簡潔に説明すると、様々な事情によって俺はこの世界線に留まることが困難となり、一度消滅した」

紅莉栖「しょ、消滅……?」

岡部「そう、文字通り、消えたんだよ」

紅莉栖「で、でも、あんたはここにいる」

岡部「ああ、お前と鈴羽が協力して救ってくれたからな」

紅莉栖「鈴羽、さん……? なんだか、覚えがあるような……?」

40以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/23(水) 21:49:01.885ID:lwVxjXVI0
岡部「どうやら、少しは記憶があるようだな」

紅莉栖「ぼんやりだけど、私はその人を知っているような……そんな気がする」

岡部「ちなみに、先程話したダルの娘が、鈴羽だったりするのだが……」

紅莉栖「えっ!? それって本当だったの!?」

岡部「もちろん、本当だとも。いずれにせよ、未来の話だから今は関係ない。重要なのは、いま俺がここに存在しているということだ」

紅莉栖「要するに、その鈴羽さんって人は未来人で、消滅寸前の岡部を助ける為に未来からやって来たってわけね?」

岡部「流石に理解が早いな。概ねその通りだが、俺を助けてくれたのは紅莉栖、お前だ」

紅莉栖「私が……?」

岡部「そう、お前が、俺のファーストキスを奪ったのだ」

41以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/23(水) 21:49:07.618ID:of7CN9tr0
久々のシュタゲだな

42以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/23(水) 21:51:02.062ID:lwVxjXVI0
紅莉栖「な、なんですと!?」

岡部「鈴羽のタイムマシンに乗って時を遡り、過去の俺にお前はキスをした」

紅莉栖「な、なんでまたそんなことを!?」

岡部「そのキスの記憶によって、俺をこの世界線に繫ぎ留める為だ」

紅莉栖「な、なるほど……ファーストキスのような強烈な印象は記憶に残りやすいってことね。い、言われてみれば、たしかにした……かも」

岡部「もっとも、それほどロマンチックなものではなかったがな」

紅莉栖「うっさい! 贅沢言うなっ!!」

43以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/23(水) 21:53:02.938ID:lwVxjXVI0
岡部「ともかく、そうしたお前と鈴羽の尽力があって、俺は今ここに存在しているわけだ。心から感謝している。改めて、礼を言うぞ」

紅莉栖「ラ、ラボメンとして当然のことをしたまでよ! それ以上でも以下でもないから!!」

岡部「俺は1人の男として、嬉しかったがな」

紅莉栖「ふぇっ!? と、申しますと!?」

岡部「それはひとまずいい。差し当たって問題なのは、いつまた同じようなことが起こるとも限らないということだ」

44以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/23(水) 21:55:01.667ID:lwVxjXVI0
紅莉栖「でもそれは、あんたのファーストキスを奪うことによって解決した筈じゃ……?」

岡部「人の記憶は普遍的なものではない。時には薄れてしまうこともあるかも知れない」

紅莉栖「私とのキスを忘れるつもり!?」

岡部「俺にそんなつもりはなくとも、忘れてしまう可能性があるということだ。半導体に半永久的に記憶されたデータですら、消えてしまうこともあるのだから」

紅莉栖「悔しいけど、一理あるわね」

岡部「だから、バックアップを取ることにした」

45以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/23(水) 21:57:03.107ID:lwVxjXVI0
紅莉栖「バックアップ?」

岡部「そう、ファーストキスに匹敵するような、強烈な記憶だ」

紅莉栖「それに匹敵するとなると、肉親や近しい人の死くらいしか思いつかないけど……」

岡部「人の死は、もう……見たくない。俺は別の世界線で何度も何度も何度もまゆりの死を見てきた。そして紅莉栖、お前の死も、だ」

紅莉栖「じゃあ、どうやって……?」

岡部「だから俺は、排便を観測することにした」

46以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/23(水) 21:59:02.560ID:lwVxjXVI0
紅莉栖「……おい」

岡部「呆れられるのは承知の上だ。しかし、視覚的なインパクトと、嗅覚を刺激する便の香りはファーストキスと同じくらい記憶に残る」

紅莉栖「それと一緒にされても困るんだが?」

岡部「だが、これしか方法はないんだ」

紅莉栖「はあ……なるほどね、わかったわ」

岡部「わかって、くれるのか……?」

47以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/23(水) 22:01:01.678ID:lwVxjXVI0
紅莉栖「正直わかりたくないし、本当のことを言うとファーストキス以上に刺激的な行為が真っ先に思い浮かんだけど、黙っておく」

岡部「な、なんだその行為とやらは!? 頼むから教えてくれっ!!」

紅莉栖「うるさい! まだ早い! そういうことは、もっと親密になってから……それに、家族計画もちゃんと立てないといけないし……」ブツブツ

岡部「は? 家族、計画……?」

紅莉栖「今は考んでいい!!」

岡部「な、何を怒っているのだ。俺としても、またお前に苦労をかけないように必死だということを忘れるな!」

紅莉栖「その結果、余計に苦労させられているような気がするんだが、気のせいかしら?」

岡部「す、すまない……外堀を埋めればなんとかなると思い、つい強引になってしまった」

48以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/23(水) 22:03:07.523ID:lwVxjXVI0
紅莉栖「だから、まずは他のラボメンに排泄を見させて貰ったと? 真帆先輩にまで?」

岡部「はい、その通りです……」

紅莉栖「いかにもあんたの考えそうなことね」

岡部「う、うるさい! そもそもお前が強情な捻くれ者でなければ、委細問題なかったのだ!!」

紅莉栖「誰だって断るだろ、普通」

岡部「他のラボメンは皆、協力的だったぞ!」

紅莉栖「完全に変態の集まりです。本当にありがとうございました」

49以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/23(水) 22:05:02.651ID:lwVxjXVI0
岡部「俺を悪く言うのはいい! だが、ラボメンのことを悪く言うのは許さんっ!!」

紅莉栖「はいはい。あといくつか疑問が残っているんだけど、聞いてもいい?」

岡部「む? なんだ?」

紅莉栖「どうして橋田の排便は見逃したの?」

岡部「馬鹿かお前は」

紅莉栖「馬鹿とは何よ。だって、あいつも一応ラボメンでしょ? 近しい人には変わりないと思うんだけど……」

岡部「あのな、ダルの排便なんぞ見たら、その瞬間にこの世界線に留まる気が失せてしまうに決まっているだろうが」

紅莉栖「これには納得せざるを得ない」

50以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/23(水) 22:07:01.615ID:lwVxjXVI0
岡部「まったく……お前はもう少し一般常識というものを身につけろ」

紅莉栖「本日のお前が言うなスレはここですか?」

岡部「ふん。それで、他に質問は?」

紅莉栖「じゃあ、最後の質問」

岡部「言ってみろ」

紅莉栖「既に私以外のラボメンの排便を全て観測したわけだから、もう充分に記憶は蓄積された筈よ。それでも私の排便に固執したのは、何故?」

岡部「そんなことは簡単だ」

紅莉栖「言ってみなさいよ」

岡部「俺がお前のことを好きだからだ」

51以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/23(水) 22:09:09.707ID:lwVxjXVI0
紅莉栖「……それは、仲間として?」

岡部「ラボメンは皆好きに決まっている。つまり、お前への好意は無論、異性として、だ」

紅莉栖「……そう、でしゅか……」///////

岡部「ああ、だから、紅莉栖」

紅莉栖「は、はひっ!?」

岡部「俺に、お前のうんこを見せてくれ」

52以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/23(水) 22:11:02.541ID:lwVxjXVI0
紅莉栖「……好きだから?」

岡部「ああ」

紅莉栖「ただの仲間としてじゃなく、助手としてでもなく、異性として……1人の女の子として、私のことが好きだから?」

岡部「ああ、大好きだ」

紅莉栖「ッ……わ、わかった。そういうことなら、仕方ないわね……うん」

岡部「ありがとう、紅莉栖」

53以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/23(水) 22:13:01.906ID:lwVxjXVI0
紅莉栖「それじゃあ、そこのソファに寝転がって」

岡部「は? なぜだ?」

紅莉栖「顔に直接、かけるから」

岡部「お、おい、それはいくらなんでも……」

紅莉栖「嫌なのっ!?」

岡部「い、嫌というわけでは……」

紅莉栖「じゃあ、どっちなのよ!? アインシュタインと同じIQ170の灰色の脳細胞を持つ鳳凰院凶真は、顔面に大好きな私のゲル便をぶちまけられたいのかどうかって聞いてんの!!」

54以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/23(水) 22:15:08.453ID:lwVxjXVI0
岡部「わ、わかった! それでいい!!」

紅莉栖「なら、そこにネンネして♡」

岡部「こ、これでいいか?」

紅莉栖「ええ。じゃあ、目を瞑って」

岡部「目を瞑れって! そ、それじゃあ、映像として記憶に残せないではないか!?」

紅莉栖「うるさい。あとで私のうんち塗れの自分の顔を鏡で見ればいいでしょ?」ヌギヌギ

岡部「くっ……や、やむを得ん。それがシュタインズゲートの選択というのならば!」

55以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/23(水) 22:17:02.543ID:lwVxjXVI0
紅莉栖「目、閉じた?」

岡部「ああ……いつでもこい!」

紅莉栖「ふふっ」

岡部「何がおかしい?」

紅莉栖「不思議なものね。うんちを我慢している時はあんなに時間が長く感じられるのに、今はそれがとても愛おしく感じられる」

岡部「時間とは……相対的なものだからな」

56以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/23(水) 22:19:05.431ID:lwVxjXVI0
紅莉栖「そう考えると、アインシュタインって……とってもロマンチストよね」

岡部「科学者は皆、ロマンチストなのだ」

紅莉栖「ん……そろそろ、出そう」

岡部「特異点を、越えるのか……?」

紅莉栖「これが、事象の地平面……!」

岡部「一見、静止しているように見えるが……」

紅莉栖「終わりは突然、前触れなく、やってくる!」

57以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/23(水) 22:21:01.387ID:lwVxjXVI0
岡部「飛べっ! 紅莉栖!!」

紅莉栖「目を、閉じろっ!!」

岡部「飛べよぉぉおおおおおおおッ!!!!」


ぶりゅっ!

岡部「フハッ!」

ぶりゅりゅりゅりゅりゅりゅりゅっ!!!!

岡部「フゥーッハハハハハハァッッ!!!!」


【臨界突破のカタスカトロフ】


FIN

58以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/23(水) 22:22:59.434ID:Sz6ZkcIv0
ティロン

ブロンズ🏆 【臨界突破のカタスカトロフ】クリア

糞にまみれし者ども…

59以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/23(水) 22:23:05.807ID:MGX66iRwd
感動した

60以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/23(水) 22:28:34.720ID:lwVxjXVI0
ご読了、ありがとうございました!
負荷領域のデジャヴでの記憶を紅莉栖が覚えていない点につきましては、私個人としては物語の後も継続して忘れずにいると思っていますが、本作では劇場版の解説も兼ねて、忘却している設定としました。
もしも興味を持たれた方は、是非ともご覧下さい!

最後までお読み頂き、本当にありがとうございました!

61以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/23(水) 22:31:49.096ID:suEggt5Jr
ふざけるな天才、どうもありがとうございましたぁ!

62以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/23(水) 22:33:57.395ID:cRkWEcZT0
これはひどい

63以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/23(水) 22:51:45.899ID:N0ooqyfpH
関東した

64以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/23(水) 22:54:09.809ID:fkn9iM8M0
カタスカトロフ言いたかっただけだろ

65以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/05/23(水) 22:55:16.567ID:8Y3K1s0Z0
ブラウンコゲート

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています