医者「血液検査の結果、決闘値が高めですね」男「はぁ……」

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています
1以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/08(月) 21:50:15.258ID:vqmnWsyU0
―病院―

医者「先日の血液検査の結果――」

男「……」ゴクッ

医者「ほとんどの数値に異常は見られませんでした」

男「……」ホッ

医者「ただし――」

男「ただし?」

医者「決闘値が高めですね」

男「決闘値?」

2以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/08(月) 21:51:02.610ID:ra+ZTA/t0
つまんね

3以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/08(月) 21:52:05.563ID:OsxnNusj0
続かんの?

4以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/08(月) 21:52:06.890ID:ygiLp2z3D
ケツ圧も高そう

5以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/08(月) 21:52:22.483ID:ZZK44Z8a0
>>4
いいね

6以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/08(月) 21:54:08.179ID:vqmnWsyU0
医者「あなた、決闘はお好きですか?」

男「そうですね、剣の使い手でして……しょっちゅう家族や同僚と決闘してます」

医者「人は戦うと、ある種の興奮物質が血中に増えていきます。これを“決闘値”と呼びます」

男「はぁ……」

医者「これがあまりに溜まると、人体に悪影響を及ぼすのです」

男「どうにかならないんですか?」

医者「決闘値を減らす薬はありませんし、今のところ決闘を控えて決闘値を下げるしか方法はありません」

医者「ですので、しばらく決闘は控えて下さい。一ヶ月後に再検査しましょう」

男「分かりました……」

7以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/08(月) 21:55:38.155ID:JIpMFOnMd
カードじゃないのか……(困惑)

8以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/08(月) 21:56:51.867ID:vqmnWsyU0
―家―

男「ただいまー」

妻「結果はどうだった?」

男「ほとんど問題なかったよ。ただ……決闘値が高いって」

妻「まぁっ……」

男「だから、しばらくお前と決闘することはできない」

妻「そうなの、残念ねえ……。せっかくナギナタで新しい技覚えたのに……」

男「俺もだよ」

9以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/08(月) 21:59:02.974ID:zRnoKqpBr
薙刀ww

10以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/08(月) 22:00:16.227ID:vqmnWsyU0
少年「パパー、決闘しよー! 決闘ーっ!」ブンブン

男「ああ、すまない……パパはしばらく決闘できないんだ」

少年「ちぇー、あたらしい技覚えたのに!」ブンブン

妻「コラ、ワガママいわないの!」

男「ごめんな……」

男(なんとしても決闘値を下げて、また決闘できる体にしないとな……)

11以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/08(月) 22:00:19.567ID:ZXOL27MDa
俺の槍も準備万端なんだが・・・

12以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/08(月) 22:03:40.563ID:vqmnWsyU0
―会社―

同僚「おーい、決闘しようぜ!」ジャキッ

男「いや、やめとく……」

同僚「え、どうして?」

男「医者から決闘値が高めだっていわれちゃってさ……」

同僚「あらら。まあ、あんだけ決闘してりゃなぁ……」

同僚「新人ちゃんはどう? 健康診断あったでしょ?」

新人女「私は決闘値低くて、基準値を下回ってしまいました……」

同僚「だろうなぁ、いつも大人しくて戦うような感じじゃないもん」

男「羨ましい……」

新人女「……」

13以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/08(月) 22:06:08.521ID:vqmnWsyU0
課長「男君、決闘せんかね?」

男「すみません、しばらく決闘は控えようと思ってまして……」

課長「もしかして、決闘値が高かったのかね?」

男「ええ、まあ」

課長「ハハハ、決闘値は高いぐらいがちょうどいいのさ」

課長「血糖値やコレステロール、中性脂肪だって低すぎるとよくないっていうだろ?」

課長「それに決闘を控えて、ストレスが溜まるのもよくないよ」

男(……たしかに)

男「じゃあ、ちょっとだけ……」

14以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/08(月) 22:08:14.778ID:vqmnWsyU0
男「いざ!」ジャキッ

課長「いざ!」ジャキッ

ガキィンッ! キィンッ! ギンッ!

課長「む、やるな!」

男「課長こそ!」

男(剣と剣で斬り結ぶこの感覚……やっぱり決闘って面白い!)

15以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/08(月) 22:09:19.621ID:60uv3eL70
決闘罪

16以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/08(月) 22:09:20.619ID:1U4XOLedr
戦闘狂やな

17以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/08(月) 22:12:15.476ID:vqmnWsyU0
男「どりゃあっ!」ビュアオッ

ザシュッ!

課長「ぐはぁっ……!」ドサッ…

男「き、気持ちいい……! この肉と骨を断つ感触がたまらない!」

男「おい同僚、決闘しよう!」

同僚「え、でもお前、決闘値は……?」

男「大丈夫! 明日から節制するから!」

18以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/08(月) 22:15:10.872ID:vqmnWsyU0
一ヶ月後――

―病院―

医者「……あの」

男「……はい」

医者「前よりだいぶ決闘値が上がってるんですが、ちゃんと決闘控えてました?」

男「……すみません」

医者「いいですか。決闘値が高くなりすぎると、本当に大変なことになりますよ」

男「大変なこととは?」

19以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/08(月) 22:18:15.006ID:vqmnWsyU0
医者「あまりに決闘値が上がると、人は“狂戦士”になるんです」

男「え……」

男「もし狂戦士になってしまうと、どうなるんです?」

医者「知能や理性を失い、がむしゃらに戦いを追い求めるようになります」

医者「そうなってしまうと、元に戻ることはまず不可能です」

男「そ、そんな……!」

医者「まだ、まだ間に合います。決闘はお控え下さい! 一度もやっちゃダメですよ!」

男「わ、分かりました! 今度こそ!」

20以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/08(月) 22:21:59.920ID:vqmnWsyU0
―家―

妻「あなた、テレビで決闘値の特集をやってるわよ」

男「どれどれ……」



司会『本日の“めざせ健康”では、決闘好きの皆さんの悩みの種、決闘値について特集します』

司会『よろしくお願いします』

学者『お願いします』

21以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/08(月) 22:25:18.699ID:vqmnWsyU0
司会『決闘値が高まりすぎて狂戦士になってしまった患者さんたちのVTRをご覧ください』

患者A『グオオーッ! グオオーッ!』

患者B『ガアアアアアアアアアアアッ!』

患者C『コロス……コロスゥゥゥゥゥゥッ!』

学者『こうなると、元に戻ることはまずなく……』



男「ひええ……! 戦士というより、もはや猛獣かなにかじゃないか……!」

妻「あなた、こんな風になっちゃイヤよ!」

男「分かってる……俺はもう決闘なんかやらない!」

22以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/08(月) 22:27:19.210ID:1U4XOLedr
予想以上に狂戦士だった

23以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/08(月) 22:30:26.193ID:vqmnWsyU0
―会社―

課長「やぁ、お久しぶり」

男「課長、退院できたんですか」

課長「まぁね。三十針も縫ってしまったよ。さあ、リベンジマッチといこう!」

男「いえ、もう決闘はやりません」

課長「まだ決闘値を気にしてるのかね? 大丈夫だって……」

男「医者から止められてましてね……失礼します!」

24以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/08(月) 22:32:16.486ID:vqmnWsyU0
男(あ〜……決闘したい!)

男(決闘したい、決闘したい、決闘したい!)イライラ…

新人女「ハーブ茶です、落ち着きますよ」

男「……ありがとう」

男「君はいつも穏やかだね。君みたいな決闘とは無縁な人生を送るべきだったよ」

新人女「禁闘、頑張って下さい!」

男「……ああ!」

25以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/08(月) 22:35:43.736ID:vqmnWsyU0
禁闘から一ヶ月――

スタスタ…

男(なんとか禁闘は続いている……)

男(この調子でいけば、どうにかなりそうだ)

男(お、コンビニがある。子供におやつでも買っていこうかな……)

男(≪ポックリマンチョコ≫が欲しいとかいってたしな……)

26以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/08(月) 22:36:27.014ID:OsxnNusj0
課長しっかりダメージ負ってるのかよww

27以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/08(月) 22:39:19.752ID:vqmnWsyU0
―コンビニ―

強盗「金を出せ!」ジャキッ

店員「ひ、ひいい……!」


男(強盗!? 武器は……ロングソードか!)

男(俺が戦えば撃退はできそうだが、今は決闘を控えてるし……)

男(ここは黙って店を出るしか……)


強盗「金はもらったが……剣の切れ味を試させてもらおうかァ!」

店員「そんなぁ!」


男(いや、やはり見過ごすわけにはいかん!)

28以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/08(月) 22:41:57.282ID:atPp0nwu0
期待

29以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/08(月) 22:42:12.126ID:vqmnWsyU0
男「強盗ッ!」

強盗「ん?」

男「丸腰の相手を斬ってもつまらんだろう……勝負だ!」ジャキッ

強盗「決闘ってわけか、おもしれえ! ――いくぜっ!」

ガキンッ! キンッ! シュバッ!

男(やっぱり……決闘っておんもしれえええええええ!!!)

男(このスリル! この非日常感! ヤミツキになるぅぅぅぅぅぅぅぅぅっ!!!)

30以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/08(月) 22:42:42.009ID:cbbwZvSYr
ロングソードで強盗すんなw

31以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/08(月) 22:44:05.094ID:ODKv9Z1w0
拳闘士はおらんのか

32以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/08(月) 22:46:04.359ID:vqmnWsyU0
ズバシュッ!

強盗「ぐ、はぁ……」ドサッ…

男「ふぅ……」

店員「あっ……ありがとうございました!」

男「ふぅ、ふぅ……」

店員「ぜひお礼を……」

男「ふぅ、ふぅ、ふぅ……! ふぅふぅふぅふぅふぅ……!」

店員「……?」

33以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/08(月) 22:48:17.384ID:vqmnWsyU0
男「フゥ……フシュゥゥゥゥゥ……」

男「オ、オレツヨイ……オレ、モットタタカウ……!」

店員「!?」

男「グ、グゴゴゴゴ……! グガガガガガ……!」

店員「ひええええ!?」



男「グオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオッ!!!!!」

34以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/08(月) 22:49:35.535ID:cbbwZvSYr
あーあ

35以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/08(月) 22:52:10.925ID:vqmnWsyU0
男「ガァァァァァッ!!!」ブンブンブン

男「グオオオオオオオッ!!!」ブンブンブン

男「ガウアァァァァァァァァッ!!!」ブンブンブン



妻「あなた、私よ! 私!」

少年「パパーッ!」

課長「目を覚ましたまえ!」

同僚「決闘しちまって、狂戦士になっちまったのか……!」

36以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/08(月) 22:55:44.717ID:vqmnWsyU0
妻「どうすれば……!」

警部「ああなったらもう……元には戻れないといわれています」

警部「ただいま、狙撃班を組織させています」

妻「狙撃ってそんな……!」

警部「やむをえないのです。あのまま放っておけば、ご主人は大災害になってしまう!」



狙撃手「いいか! 頭部を狙え! もし狙いを外したら、死ぬのは自分と思え!」

「はいっ!」 「はいっ!」 「はいっ!」

37以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/08(月) 22:59:03.242ID:vqmnWsyU0
新人女「待って下さい」

狙撃手「む?」

新人女「狙撃は……私がダメだったらにして下さい」

狙撃手「なにをいっている!?」

新人女「……」スタスタ

狙撃手「お、おいっ! 危険だ、待ちなさい!」

狙撃手(しかし、相手は狂戦士化した男性だというのに、なんだあの落ち着きようは……)

狙撃手(まるで朝の散歩にでも出かけるような……)

38以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/08(月) 22:59:31.975ID:++a8F7Rm0
つづけろ

39以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/08(月) 23:01:28.281ID:vqmnWsyU0
男「……ガググ」

新人女「……」スチャッ

男「グググ……ガアァァァァァッ!!!」ダッ

新人女「……」


新人女「 キ エ エ エ エ エ エ エ ッ ! ! ! ! ! 」


男「!!?」ビクッ

40以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/08(月) 23:02:30.390ID:R4poGC/k0
!?

41以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/08(月) 23:02:38.547ID:lB46q2Pcr
!?

42以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/08(月) 23:02:48.537ID:8q4sxKF50
居合いの達人か何かかな?

43以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/08(月) 23:05:41.523ID:vqmnWsyU0
男「……」ガタガタ…

男「あ、あわわ……」ドサッ


妻「あなた!」

課長「おおっ、元に戻った!?」

同僚「狂戦士化は元に戻らないはずなのに!」

警部「信じられん、奇跡だ!」

新人女「では、私はこれで……」スタスタ…


…………

……

44以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/08(月) 23:09:30.705ID:vqmnWsyU0
―病院―

医者「調子はいかがですか?」

男「はい、安定しています」

医者「決闘値も正常になりました。狂戦士になる危険はとりあえずないでしょう」

男「ええ……元に戻れてよかった……」

医者「狂戦士化のごく初期の段階であれば、凄まじい殺気を浴びせれば」

医者「闘争への怯えや恐れが生まれ、狂戦士化から戻れることもあるんです」

医者「ただし理論上は可能、といった程度のことでまさか本当に起こるとは……」

男「あの子……あれほどの殺気を出せるなら、おそらく百戦錬磨のはず」

男「なのに、なぜあんなに穏やかで、決闘値も低いんでしょうか?」

医者「それはですね……」

45以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/08(月) 23:13:06.115ID:vqmnWsyU0
医者「世の中には、ごくまれに戦いを“特別なこと”と感じない人もいるんです」

男「というと?」

医者「ようするに、決闘というものに対する意識が日常の仕草に対するそれとなんら変わらないのです」

医者「まるで食事や散歩をするように、決闘を行える」

医者「そういった人たちはいくら戦っても一切興奮することはないので決闘値は上がらないんです」

男「そんな人が……」ゴクッ

医者「私も彼女に会いましたが、彼女の戦歴はきっと何百、いえ何千戦と考えられます」

男「ううむ、真の狂戦士とは彼女のことをいうのかもしれませんね……」





― 終 ―

46以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/08(月) 23:16:03.868ID:gwrVTVxp0
つええ

47以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/08(月) 23:17:14.059ID:lB46q2Pcr

俺はきっと決闘値超低い

48以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします2018/10/08(月) 23:22:19.682ID:kAISmxnVd
デュエルかとおもった

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています